<< 作品を並べてみました | main | ワークショップ終了 >>

スポンサーサイト

0
    • 2015.05.06 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    商品化にあたってのご説明

    0
       いよいよ1/17からの展示会が迫ってまいりました。
      商品化にあたって、まったく情報がないのも不親切なので、今回は詳しく苦労話も含めてご説明したいと思います。

      <商品化する作品>
      ●ペンケース
      仕様:側板・・・・・・黒檀
         正面・裏板・・・パドック
         フタ、底板・・・チーク
         飾りの定規・・・ブナ
         つまみ・・・・・ギボシ(ステンドグラスランプパーツ)
                 ローゼットワッシャー(建築金物)
                 ステントラス小ネジ(建築金物)
         正面飾り・・・・ネジ切りループ(ステンドグラスランプパーツ)
                 ロックナット(ステンドグラスランプパーツ)
         真鍮クギ
         塗装・・・・・・定規(BRIWAXジャコビアン)
                 本体(BRIWAXクリア)
         価格・・・・・・税別¥7,800(完成品) 税別¥4,800(キット)

      ●テープカッター
      仕様:台座・・・・・・シナ
         プーリー・・・・カツラ(広葉樹。きめ細かく滑らかな木肌が特徴)
         刃板部分・・・・杉(三河杉)
         ギボシ、ブッシング、ベースキャップ(各2個)
         寸ギリボルト1/4
         替え刃(黒)※南部鉄テープカッター用
         真鍮棒直径5mm(2本)
         塗装・・・・・・バターミルクペイント重ね塗り&クラック塗装
         価格・・・・・・税別¥12,800(完成品) 税別¥6,800(キット)


      ●A4ファイルボックス
      仕様:正面・側板・・・アガチスor杉(未決定)
         側板・・・・・・シナベニヤ
         真鍮ネームプレート(デッドストック品)
         真鍮クギ
         塗装・・・・・・オイルステイン
               価格・・・・・・税別¥5,800(完成品) 税別¥3,800(キット)


      ●A4書類棚
      仕様:本体・・・・・・・・・・SPF
         背板&引き出し・・・・・杉(三河杉)
         棚板・・・・・・・・・・シナベニヤ
         ネームプレート&マイナスビス
         塗装・・・・・・・・・・バターミルクペイント(下塗り)
                     クラック塗装(中塗り)
                     バターミルクペイント(上塗り)
                     BRIWAXジャコビアン(エイジング仕上げ)
         価格・・・・・・税別¥18,500(完成品) 税別¥13,800(キット)


      ●5連のペン立て
      仕様:本体&ベース・・・・・・アガチス
         ベース飾り・・・・・・・ラミン1/4カット材
         カクシクギ
         塗装・・・・・・・・・・オイルステイン
                     BRIWAXジャコビアン(エイジング仕上げ)
         価格・・・・・・・・・・税別¥7,800(完成品) 税別¥5,000(キット)


      以上5作品となります。
      ※残念ながらキットは間に合いませんでした。申し訳ないです。
      ※テスト販売のため、仕様や価格は予告無く変更になる場合があります。
      それぞれ数量は5点程度しかありませんが、今後受注生産していく予定です。
      理由は手間がかかりすぎるため、ある程度注文を頂いてから一気に作らないと
      価格が跳ね上がってしまう為です。

      <商品化秘話>
      木工家の谷田昌広さんに聞いてみました。

      石川 : 苦労した点などありましたらお聞かせください。
      谷田 : やはり削りと重ね塗りの塗装ですね。
         丸林さんちの作品はきれいに作るのではなく、使い込んだように仕上げていくので。
         角を丸める削りは感覚の問題があり、自然に魅せる事が難しく苦労しました。
         塗装は重ね塗りなので非常に時間がかかりましたね。

      石川 : なるほど。私も作っていて「こんな手間のかかる仕事は誰も引き受けない
         だろうな。」と思っていたので、谷田さんが引き受けてくれた時は驚きました(笑)
      谷田 : ほんとに予想以上に時間がかかりましたね。これでは生活できません(笑)
      石川 : いやいや、今後ともよろしくお願いします。では楽しかった点はありますか?
      谷田 : ないです!というのは冗談で、完成に近づくにつれ形作られていく作品のデザイン
         がとても素敵で楽しく作らせて頂きました。
      石川 : そう言って頂けると助かります。試作からずっと見てきて思ったのはさすが
         木工家だなと。仕事がとにかく丁寧ですし、木の特徴を良く知った上でアドバイスを   もらえるから心強かったです。強度や、量産しやすい加工なども気を使って頂き、
         助かりましたよ。本当にありがとうございました!

      谷田氏の工房WOOD BASE。
      ここから商品が産まれて旅立っていきます。

      <部材集め秘話>
      岡崎製材の颯田(さった)東五さんに聞いてみました。

      石川:今回は部材集めでいろいろとご苦労されたそうですが、どういった点が難しかった
         のですか?
      颯田:弊社は製材業の他にホームセンターもやっているので、いろんな取引先を
         持っています。ただ、今回はイレギュラーな部品が多かったので、大変でしたね。
         ご要望の多いデスクライトが間に合わなかったのが残念です。
      石川:そうですね。難しかったのは土入れとか、ステンドグラスのパーツですか?
      颯田:そうです(笑)土入れは中サイズのみ必要なので、問い合わせましたら、3個の
         セット売りでないと仕入れできませんでした。これですと、価格に大きく影響
         しますので思案中です。
         ステンドグラスの部品も問屋さん、メーカーさんからインターネットまで駆使して
         全国規模でリサーチを重ねておりましたが、仕入れ問屋さんとなるとなかなか
         見つかりませんでした。
      石川:なるほど。私も本に載せたステンドパーツが終了してしまい、困り果てていた
         ところです。
      颯田:そんな中、弊社社長が「思い出した!名古屋にこんな会社があるぞ!」と
         問い合わせましたら、まさにビンゴ!!
      石川:あったんですか!?
      颯田:早速電話してみると、こちらが説明する前に「木工の本を見て探しているんで      しょ?」と。
      石川:知ってたんですか!?
      颯田:私も驚いて「なんで分かるんですか?」と聞きましたよ(笑)
         そしたら「いつかこんな日が来ると思っていました。」と言われました。
      石川:え〜!?なんかドラマチックな展開ですね。
      颯田:実は先方さんも丸林さんちのファンで「このパーツってうちのパーツかなぁ?」
         って何気に思っていたそうです。おかげ様で取り引き開始もスムーズに済み、
         助かりました!
      石川:いや〜・・、ありがたい話ですね(涙)
      颯田:あとデットストックの真鍮ネームプレートじゃなきゃ嫌だって打ち合わせで言われ
         ましたよね?
      石川:はい。我がまま言って申し訳ないです(汗)
      颯田:実はこれもヤフオクでたどったら、何と地元名古屋の方でした!
      石川:うそ〜ん!!
      颯田:探し物って意外に近くにあったりするんですね!
         しかしデスクライトのトグルスイッチや紐コードは高すぎて他を思案中です。
         ペンケースで使う木の定規も、弊社社員の海外出張の際にヨーロッパやカナダ
         を探したのですが、メーカーさんにたどり着けませんでしたね。
         やっぱり英語のロゴが欲しいですもんね。
      石川:これに関してはレーザー加工でオリジナルのを作る事にしたんですよね?
      颯田:これも高いんですよ。で、むかし弊社で修行していたとある木工家さんに無理矢理
         お願いしまして、格安で受けて頂きました。定規は1時間に3本しか作れない
         ので、大変らしいです。
      石川:うわっ、それは申し訳ないです・・。でも今回は甘えさせて頂きますね。
         軌道に乗せる事ができたら、恩返ししたいです。今回は皆さんのお力添えあっての
         製品化ですね。
         ありがとうございました!


      <個人的雑感>
      日本でMADE IN JAPANのものづくりにこだわる事。
      これは大変な事でありまして、想像以上に大変でした。

      今回の価格設定におかれましても、「高い!」と思われる方もいらっしゃると思います。
      「作家ものだと思って、だいぶ乗っけてんでしょ?」と思われた方もいらっしゃる事でしょう。

      しかしそれは違います。

      実はこの価格、初めはもっと高かったのです。
      そりゃそうです。塗装の工程数、銘木、真鍮・・。
      おそらく今後も世の中に流通しないであろう、こだわりの一品ばかりです。
      これは全てが規格外のものづくりです。
      私も少し甘く見ていた部分がありまして、考えてみれば一朝一夕に進む訳が無かったのです。
      それでも「家具帖の読者は、安くこだわりのものを手に入れたい人が大半。これでは読者の方を裏切る事になる!」
      と佐和子さんがストップをかけ、大幅な価格見直しがされたのでした。

      しかし、谷田さんの労働や岡崎製材の利益は最低限確保しなければなりません。
      我々のデザイン代なんてたかが知れていますし、あとは材料を落とすしか無いといった状態でした。しかしそれでは読者の方も納得いかないはず。
      非常な難問に関係者一同頭を抱えてしまったのでした。

      そこから、行程の見直しや、リスク代の見直しなどをしてもらいました。
      価格が下げられなかった商品もあります。
      しかし様々な葛藤の中、なんとかここまで来た感じです。

      そこまでしてなぜにMADE IN JAPANにこだわるのか?
      それは丁寧な仕事と良質な素材で、長く愛されるような商品を作りたいからです。
      ゴミを作らない。捨てたくないと思える商品を作りたい。
      これはものづくりに携わる万人の願いだと思っています。

      使い捨て文化が浸透する中、作り手やユーザーさんがハッピーになれる本物のものづくりこそ、今後日本に問われる課題だとずっと考えてきました。

      世の中はグローバル化の波が押し寄せ、日本人の雇用すら確保が難しくなっているからこそ、価値ある仕事を自分たちで創造するべきだと。

      日本人特有の真摯な姿勢や細やかさが届く「ものづくり」をやりたかったのが今回のプロジェクトです。
      そこに賛同して動いてくれたのが谷田さん、岡崎製材を始め、今回関わって頂いた関係者の
      皆さんです。ありがたい事です。

      思えば本づくりも利益度外視の大騒ぎでした。
      一時はこだわりすぎて発売すら無くなりかけた一冊目。
      しかし予想に反して部数は大幅に伸び、現在8刷目にまで増刷され、海を越え台湾や中国でも読まれています。
      2冊目はおかげ様で5刷目に到達しました。
      3冊目はまだですが、価格を抑えるために大量に刷ったという経緯もありますので
      今後の成長を期待しています。

      その集大成の展示会。
      是非足を運んで頂けたらと思います。














         















      スポンサーサイト

      0
        • 2015.05.06 Wednesday
        • -
        • 10:27
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM