<< 展示会スタート | main | 展示会行きます。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2015.05.06 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    今日の展示会

    0
        本日は2時過ぎから行ってきました。
      読者の方も何人か来てくれました。
      ありがとうございました!

      しかしこの壁!軽量化するために薄いベニヤをフローリングのように打ち付けてはあるのですが、重い・・。
      一枚でも重いのに、これが3枚蝶番でつないであります。
      これを木工家の谷田氏と岡崎製材のO氏に搬入してもらいました(汗)
      ワタクシ仕事でしたので、夜からの設置作業でした。
      これはホントに申し訳なかったなと反省。
      佐和子さんはぎっくり腰になっちゃうしで、大変な搬入作業だったようです。


      こちらは丸林さんち特製の蜜蝋ワックス。
      作り方は「机の上の家具帖」に載せてありますので、挑戦してみてください。
      簡単ですし、安上がり。
      伸びが良いので、とっても塗りやすいです。
      あと、色も4種類付けていますので、木材の色に合わせて塗れるので重宝してます。

      今日は少し暇が出来たので、OZONE内を散策してきました。
      いやしかし・・・家具って結構なお値段でして、あらためて実感しました。
      こうして見ると、今回の商品化の価格設定も決して高くはないのだなと思いました。

      OZONEに入っている建材や家具ですので、当然良質な無垢材や革を使用してこだわっているメーカーさんばかり。
      数十年、いや、子の世代まで受け継いでいけるような家具ですので、長い目で見たら安い買い物なんですが、某巨大メーカーのような家具に慣れてしまうと腰が引けるかもしれません。

      使い捨てか、受け継ぐ本物か?
      この意識の違いは各メーカーさんにとって、もちろん我が家にとっても大きな壁ですね。

      私の世代は特に付き板合板の安い家具に囲まれて育っているので、3〜5年でゴミになるのを経験で知ってます。
      しかし今の家具は、質は微妙だけれど見える箇所には無垢材を使用してたりします。
      ぱっと見、良さそうに出来ているから、大きな違いが素人目には解らないようになっています。
      そして日本人は汚れや傷が嫌い。
      「だったら奇麗でリーズナブルな家具を数年単位で変えていった方がいい」
      これが合理的なのだなと思う方も沢山いらっしゃる。

      私もその一人ですけどね。特にソファーやファブリックなど自分の作れない物は
      妥協してしまう。

      ま、円安になってきて株価は上がっていますが、まだまだ不景気ですから、こういった贅沢品がほいほい買える訳もなく・・・。
      私も37万の本革ソファーを我慢我慢と念仏のように唱えて帰ってきました。

      しかし・・いいものはやっぱりいいですね〜。


      そういえば今日は木工を勉強している若い男性が熱心にアンケートを書き込んでくれていました。
      「いろいろ勉強させてもらっています」
      と言われちゃいました(汗)
      どうも家具帖は聞く話によると、玄人さんや業者の方、本業の方も買ってくれているように思います。
      某出版社の編集さんによると、3冊全部編集部に置いてあり、日々研究していると仰っていました。女性向け、男性向けに特化していない絶妙なバランスがどうやっているのか?これを分析しているのだそうです。
      ありがたいようなありがたくないような・・・正直複雑な気分です。


      若い男性の話でした。
      彼は「作品をつくる上で、デザインを優先しますか?それともニーズを優先しますか?」
      と聞かれました。
      これも難しい点でして・・。
      雑誌では「なるべく簡単に」が必ず言われる事ですが、誰でも簡単につくれるという事は単純にしていくしかなくなります。
      これでは遊びや個性は出せない。
      ここのさじ加減は経験や感性になっていくかと。
      私は自分が欲しくないものを人に紹介したくないので、デザインは優先させつつ簡単にできる方法を考えるかなと。そう答えました。
      それに縛りは意外と楽しいのです。
      これはデザインの仕事でも良くある事です。
      そこで悩んで考える。これは意外と面白いなと。
      難しい要求である程、燃えますね。
      佐和子さんもそんなタイプです。

      作り方やテイストは本に出ている行程でマスターできます。
      あとはプロとしてやっていく時に、「リーズナブルな売れる家具か?」はたまた「本物志向か?」いずれ壁に突き当たる事もあるでしょうが、頑張ってほしいと思いました。

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.05.06 Wednesday
        • -
        • 23:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        いつもブログ拝見しております!
        お手製蜜蝋ワックスに混ぜる顔料は、どんな種類のものが良いのでしょうか?
        • toshi
        • 2013/01/24 10:26 PM
        蜜蝋の顔料は、画材屋さんに売ってますよ〜。
        ライトレッドやバーントシェンナの茶系がお薦めです。基本茶系は安いし、土から取っているので安全です。パイン材にはイエローオーカーですね。ではでは。
        • ishikawa
        • 2013/01/25 11:15 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM